> 
 > 
禁煙外来

診療日

火曜日 14時00分から 

 

*予約が必要です。お電話で申し込みください。(予約時間:15時~17時)

 

治療前の問診診断

禁煙治療を行うには、問診、診察が必要となります。

ニコチン依存症という病気として捉え、禁煙を考えている方で、一定の条件を満たしたと判断した場合には、保険適用の「禁煙治療プログラム」を実施します。

また、医師からの禁煙治療に関する説明を受けます。

 

2006年4月1日から一定の条件を満たす患者の禁煙治療に関して保険適用が認められるようになりました。保険等が適用される「禁煙治療を受けるための条件」を満たしている必要があります。

 

禁煙治療プログラム

 標準的な禁煙治療のプログラムは、12週間に渡り計5回の禁煙治療を行います。まず、初回治療で患者と話し合って禁煙開始日を決定します。

 初回診療から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計4回、禁煙の実行継続のための治療を行います。

 

 <標準的なスケジュール>

 

 

禁煙の薬

禁煙のための補助薬は、ニコチンパッチ(貼り薬)、バレニクリン(飲み薬)があります。

注意:バレニクリン(飲み薬)は自動車等の運転はできません。

禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれるものです。

医師と相談して薬を決めます。

 

費用

初回診療 + 再診4回の計5回の概算費用となります。

(種類や処方される枚数により費用負担は異なります。)

 

補助薬 保険診療(3割負担の場合)
ニコチンパッチ 約14,000円

バレニクリン

約20,000円