> 
 > 
地域医療

地域医療

地域医療への取り組み

 

訪問看護(地域連携室)

信濃町在住の寝たきりのお年寄りなど、通院が困難で、かつ家族の元で
療養を続ける方々のため、昭和59年にいち早く訪問看護を開始。
雪深い当地では冬季受診が困難な方々が多く、まさにこの地域ならではの
地域医療の大きな柱として訪問看護は「家で暮らしたい」本人や
家族の要望に応え町福祉・社会福祉協議会と連携し支援しています。

ケアマネージャー・各事業所との情報交換や退院支援など各種相談に応じる

「地域連携室」を設置しました。

 

訪問リハビリ、訪問栄養指導、住宅服薬指導

訪問看護の開始当初からリハビリテーションスタッフと協力し訪問リハビリ指導を行ってきましたが、平成7年からは全国にさきがけて訪問栄養指導も開始しました。
更に平成8年には訪問薬剤師による在宅服薬指導も開始しました。
小さな地域に密着した病院ならではのセクションの垣根を越えた訪問サービスを展開しています。

 

健康管理室の設置(人間ドック各種健康診断

生活に密着した医療を実践するために、訪問看護への取り組みと
時期を同じくして健康管理室が誕生しました。常勤医師6名の往診や
訪問診療の介助を行いながら担当医と連携し「居ながら療養生活」
のための様々なサービスを提供、調整しています。
また、健康管理室は訪問看護の基地としての役割のみならず、人間ドックの
管理運営を町の委託を受け町民健康診断の一部として実施しています。


 

高齢者サービス連絡会の実施

関係各機関との連携により、きめ細かく温かいサービスを提供できるよう週1回各担当者が一同に会した連絡会議を開き、医師、看護師、理学療法士、薬剤師、保健師、ケアマネージャー、町の福祉担当者が情報を共有し・連携を密にしながら住民のための健康管理を展開しています。

 

健康診断のデータ管理による予防医療を実践

町の健康診断の一部が当院で行われており、データ管理を行うとともにハイリスク者を抽出し、高齢者サービス連絡会で積極的な予防医療のためのアクションプランを立案しています。

 

信濃町地域包括ケアシステムの姿

 厚労省では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現しています。
信濃町においても、各事業所と連携した地域包括ケアシステムを進めており、当院も重要な役割を担っております。

 

 

asset/00096/houkatuzumen.jpg

 

 

「在宅医療支援病院」の認定

 2018年11月に「在宅療養支援病院」の認定を受け、医師や訪問看護との連携により、24時間連絡を受ける窓口を設置し、様々な支援を行っております。

 

<在宅療養支援病院のサポート内容>

患者さんが住み慣れた自宅で安心して暮らせるようにサポートする医療介護システムです。

サポート内容は、往信や訪問看護ができ、救急時は入院の受け入れなど必要に応じた医療・看護を提供できます。