HOME > お知らせ > 麻疹に伴う受診について

お知らせ

2018/05/15

麻疹に伴う受診について

現在、沖縄県で麻しんが流行しており、愛知県においても麻しん患者が確認されています。

麻しんウイルスは非常に感染力が強く、空気感染するため、一人の患者から多くの人に感染を拡大させる恐れがあります。

麻しんウイルスに感染すると、約10~12日の潜伏期間の後、38℃前後の発熱が2~4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3~4日間で解熱し症状は軽快、合併症のないかぎり7~10日後には症状が回復します。

麻しんは発熱が長く続き、体力の消耗が激しいため、合併症がなくても入院を要することが少なくありません。

もし、これらの症状により当院を受診される方は受診の前に一度ご連絡をくださいますようお願い申し上げます。


** 信越病院連絡先 **
電話 026−255−3100
ページの先頭へ