> 
 > 
理念
 
〒389-1305
長野県上水内郡信濃町大字柏原380

TEL:026-255-3100
FAX:026-255-2427
 

病院案内

理念

「おらが町」黒姫の健康ステーション

「おらが」は町ゆかりの俳人小林一茶の一節ですが、この「おらが」は「私たちの」を意味します。町立病院で公的役割は当然ですが単に町民の方々が受診される時だけの利便を指すのではなく、町の方々が共に病院を育み発展していきたいと願うものです。医療、保健、福祉の地域包括ケアの中心として『病院を訪れる方だけを診るのではなく、町民の生活の場である地域を診る医療』を心がける、地元に根ざした町立病院です。

 

「地域に出る」医療サービスの追及

当院は信濃町の町立病院として、昭和30年に創立。地域唯一の医療機関として地域密着型の医療サービスを提供してきました。そして、今、少子高齢化に伴う医療制度の転換点を迎え、「健康で安心して生活できる医療の提供」のため新しい信越病院のあり方を追及しています。
具体的には病院で長期療養していただくことが医療制度上困難になった中で、「地域にでる医療サービス」を志向していきます。
もともと信越病院では昭和50年代から訪問看護をスタートさせた歴史があります。
その資産・ノウハウを発展・充実させ、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリなど「訪問医療サービス」を一層充実させて参ります。
現在、社会資源を必要とする住民の支援を目的に毎週開催される福祉サービス調整推進会議では、医師、看護師、保健師、町の福祉課担当者などがそれぞれ対等の立場で活発な意見交換を行っています。
町と病院が一丸となって、お年寄りが地域に根を張り、「在宅」で安心して生活していける信濃町を実現させます。

地域医療への取り組み

 

「顔」のみえる病院つくり

「顔」のみえる病院つくり
信越病院では住民参加型の勉強会や、職員間の勉強会・学会発表を積極的に行い、地域の人々の役にたち、職員が高いモチベーションで仕事に取り組める環境つくりを心掛けています。
地域の人々を対象とした健康講座、出前講座では医師が持ち回りで「健康と運動」「頭痛」などテーマを決めて、地域の人の健康管理に役立つ話をしています。
また、看護科では勉強会を定期的に開催し、長野県国保地域医療学会や長野県自治体病院研究会などで活発な発表をしています。
さらに地元で開催される野尻湖カップトライアスロン大会などのイベントに病院として参加し、地域と融合し「顔のみえる」病院であることを重視しています。

学会発表会
健康講座